地域の清掃活動

6月11日、始業時間前の午前8時に本社社員全員が集合し、釧路市光陽町地域のゴミ拾いを行いました。作業中に町内の方からねぎらいの声をいただきました。地域貢献活動の一環として今後も実施してまいります。

全体会議

平成30年4月2日、釧路、札幌、根室の本支店社員参加のもと全体会議を開催しました。新採用者及び昇任者辞令交付を行い、中島社長から「昨年度は資格取得者が5人もいたほか、難工事も当社ならではの総力戦でこなすことができたと社員の頑張りを称え、今年度も力を合わせて、更なる進化を遂げましょう」と呼びかけました。

 

平成29年度RCCM試験に合格

平成29年度RCCM試験に、「根室支店 課長補佐 横山憂也」と「札幌支店 課長補佐 小田祐嗣」の2名が合格しました。

横山 課長補佐は 「道路部門」、小田 課長補佐は「土質及び基礎」を取得しました。

第58回地盤工学会北海道支部技術報告会で発表します

平成30年1月25,26日に札幌(寒地土木研究所)で開催される第58回地盤工学会北海道支部技術報告会で発表します。当社の技術部に所属する日下部祐基、西村右敏、川内秀光、蛯原康弘、小田祐嗣の連名で「道東地域地盤の液状化判定に用いる粒度特性について」という題目です。タイトルをクリックすると公開されているプログラムがみられます。なお、本論文の作成に当たり、試験データの利用を快諾していただいた関係機関の各位には、ここに深く感謝申し上げます。

「能登繁幸顧問 瑞宝章叙勲受章を祝う会」を開催

能登繁幸 顧問の瑞宝章叙勲の栄誉を祝し、12月11日(月)札幌グランドホテルにおいて祝う会を開催しました。祝う会には、能登顧問のお孫さんを含めて64名の方が参加され、盛況であったことを報告いたします。(写真は、祝辞を述べる当社 中島和義社長と、それを受けられる能登繁幸ご夫妻です。)

地盤工学会関東支部に当社共同執筆論文が発表されました

当社が参加している全地連主催「電気式コーン貫入試験による斜め方向地盤調査」研究会の論文が、第14回地盤工学会関東支部発表会で発表されました。当社共同執筆論文は「電気式コーン貫入試験の斜め下方貫入への試み(その2:貫入方法や所要時間等について)」です。関係論文はその1〜4まであります。タイトルをクリックすると掲載先のHPにリンクします。

当社 取締役顧問 能登繁幸氏が叙勲受章!!

11月3日、平成29年秋の叙勲で当社取締役顧問の能登繁幸氏が瑞宝小綬章を受章されました。能登氏は当社顧問就任以前において、永年にわたり北海道開発局開発土木研究所(現独立行政法人土木研究所寒地土木研究所)所長などを歴任されたほか、公益社団法人日本技術士会北海道本部本部長などの要職を務められ、北海道開発行政に携わり、北海道の厳しい自然環境を克服しての土木技術の研究開発・向上に尽力し、社会基盤整備に寄与された功績が認められてのものです。栄えある叙勲受章、誠におめでとうございます。